長良川花火大会(2018年)日程・駐車場・アクセス・交通規制・穴場スポットまとめ

長良川花火

ABOUTこの記事をかいた人

カナ / ブロガー 岐阜の情報ブログ「ぎふイコ!」を運営中。 岐阜市に住んでいるアラサー。 夫と2人の子どもと共に岐阜ライフを満喫中。 グルメ情報は子連れ来店のためランチが中心です。




長良川の花火大会は岐阜で盛り上がる大きなイベントの1つですよね!

例年の人出35万人、屋台の数約600店と、岐阜県では最大級の規模の花火大会です。

長良川の花火大会は夏に2回開催します。

  • 第62回全国選抜長良川中日花火大会(主催:中日新聞社)
  • 第73回長良川全国花火大会(主催:岐阜新聞・ぎふチャン)

両花火大会の違いは、7月に行われる中日花火大会にはメインの夜の部以外に昼の部があり、朝の9時から音花火や彩煙が打ち上げられます。

この記事では2018年長良川花火大会の気になる日程・駐車場・アクセス方法・交通規制を中心お伝えします。

スポンサーリンク

2018年長良川花火大会日程(日にち・時間・開催場所)

長良川花火
第62回全国選抜長良川中日花火大会

日程2018年8月25日 ※終了しました。

※小雨決行・荒天or増水時は8月25日に延期

時間:12:00~20:35、19:20~20:35

場所:岐阜市長良川河畔

 

第72回全国花火大会

日程:2018年8月4日(土) ※終了しました。

※小雨決行・荒天or増水時は8月18日に延期

時間:19:30~20:45

場所:岐阜市長良川河畔

 

2018年長良川花火大会の駐車場・アクセス・交通規制

長良川花火

▼電車で行く場合▼

JR岐阜駅から臨時バス→長良橋下車して徒歩で約10分ほど

名鉄岐阜駅から臨時バス→長良橋下車して徒歩で約10分ほど

(駅より歩く場合は約40分かかります)

▼車で行く場合▼

東海北陸道岐阜各務原ICから国道21号経由で12km

 

2018年長良川花火大会の駐車場

「長良川花火大会」では、北岸一日市場臨時駐車場岐阜県庁北側臨時駐車場が合わせて2,000台分の駐車場が準備されています。

北岸一日市場臨時駐車場

岐阜環状線の菅生6交差点を西に行くとあり、約1,000台の駐車が可能です。

\ナビにはコチラの住所を入力/

住所: 岐阜市西中島2-3-1

 

岐阜県庁北側臨時駐車場

21号線の岐阜県庁前交差点の近くで、約1,000台の駐車が可能です。

\ナビにはコチラの住所を入力/

住所: 岐阜市薮田南2-1-1

 

※各駐車場から会場まではシャトルバスが運行(片道大人210円・子供110円)

その他、岐阜公園の駐車場やマーサ21(ショッピングモール)、そして長良川沿いのホテルパークみなと館の前が、地元の人に人気の駐車場です。

ちなみに長良川花火大会の会場周辺のホテルが宿泊者用に無料の駐車場を用意していますので、ホテルに宿泊して花火を観覧する人も多いです。

 

長良川花火大会に確実に駐車するには?(駐車場の裏ワザ)

長良川花火大会の時に

  • 臨時駐車場に車を停め、バス移動で行くのはイヤ!
  • 車で花火大会の会場近くに行きたい!

という人に駐車場の裏ワザがあります。

 

それは…

10日前から駐車場の予約ができる【akippa(あきっぱ!)】

長良川花火大会

akippa(あきっぱ)はこのように長良川花火大会だと1日324円~の格安駐車場が予約できるサービスです。

もちろん、利用する側だけでなく、花火大会周辺にお住まいの方は駐車場を貸すこともできます。

【akippa(あきっぱ!)】 を見る▼

akippa(あきっぱ)は「ガイアの夜明け」や「ワールドビジネスサテライト」などのテレビ番組でも紹介された新しいサービスです。

長良川花火大会の前にこちらを利用することで、確実に駐車することができ、当日に駐車場探しをしなくて済みます

 

2018年長良川花火大会の交通規制

長良川花火

第62回全国選抜長良川中日花火大会

交通規制:13~23時 会場周辺交通規制

第72回全国花火大会

交通規制:18~22時 会場周辺交通規制

 

2018年長良川花火大会の場所取り・穴場スポット

長良川花火

長良川花火大会では前日までの場所取りは禁止されています。

穴場スポット① 長良川公園

多くの観覧者が早朝から場所取りを開始するため、場所取りが難しい場所ですが、打ち上げ場所の正面にあり絶好の観覧スポットとして大人気の公園です。

シートを広げて仲間でわいわい楽しみたい人にもおすすめです。

打ち上げ時間まで公園散策もできますし、トイレ設備もあるので安心です。

 

穴場スポット② 岐阜メモリアルセンター(長良川球場)

当日朝から場所取りOKの穴場スポット。広い芝生公園があり地元の人に人気の場所です。

 

穴場スポット③ 長良川鵜飼いミュージアム周辺

打ち上げ会場からそう遠くなく、川のそばでもあるので視界もひらけています。

駐車場やトイレが完備されているので安心です。河川敷にも降りられる場所があります。

 

穴場スポット④ 鵜匠の家 すぎ山周辺

すぎ山周辺は打ち上げ会場から離れるので、人混みがまばらになります。人混みは避けたい人におすすめのスポットです。

ちなみに「鵜匠の家 すぎ山」に宿泊すると、展望大浴場で温泉につかり、屋上で懐石弁当を食べながら花火を楽しむことができますよ。

>>「鵜匠の家 すぎ山」をの宿泊情報をチェック

 

穴場スポット⑤ 金華山頂上・岐阜城

ロープウェイの混雑が予想されますが、金華山頂上であれば、岐阜城に入らなくても花火鑑賞可能な穴場スポット。

もちろん岐阜城の天守閣からも花火が堪能できます。一国一城の主になった気分で花火が楽しめそうですね。

ロープウェイナイター料金

  • 大人(12歳中学生以上) 900円
  • 小人(4歳~11歳) 450円

 

穴場スポット⑥ 金華橋・南側周辺

金華橋の南側は打ち上げ会場に近く、臨場感にあふれる花火が大きくキレイに見えるイチオシの場所!

花火の見え方にこだわる人にはもってこいの場所です。ただし、人出が多いのが難点です。

穴場スポット⑦ 忠節橋周辺

花火打ち上げ場所から一つ西の橋「忠節橋」は混雑がなく、おすすめの穴場スポットです。

花火は少し小さく見えますが、近くに「ヤマナカ忠節フランテ館」があり、トイレ休憩やお惣菜を買う人などでにぎわっていました。

まとめ

まとめの画像

岐阜市の夏の風物詩「長良川花火」。

花火大会の前にはこの記事を参考にしていただけると嬉しいです。

当日は路上駐車やゴミのポイ捨てをしないよう、マナーを守って楽しみたいですね。

こちらの記事もおすすめ

ぎふイコ!アンケート

スポンサーリンク



コメントを残す