レゴクリエイターシリーズとは?4歳が夢中になるレゴシリーズ!

アイキャッチ

ABOUTこの記事をかいた人

カナ / ブロガー 岐阜の情報ブログ「ぎふイコ!」を運営中。 岐阜市に住んでいるアラサー。 夫と2人の子どもと共に岐阜ライフを満喫中。 グルメ情報は子連れ来店のためランチが中心です。

スポンサーリンク


子どもが小さいと、季節や天候によっては外出が難しいことも。

そんな時は「レゴ」で遊んでみませんか?

今回はレゴ「クリエイター」シリーズを4歳の子供が作ってみました!

レゴクリエイターシリーズとは?

レゴに様々なシリーズがあります。代表的なものは

  • シティ
  • デュプロ
  • クラシック
  • ジュニア
  • ディズニー・プリンセス
  • ニンジャゴー
  • スターウォーズ
  • クリエイター

など、幅広いラインナップのレゴ。

その中でも「クリエイターシリーズ」は1つのセットのブロックから3つのモデルを作れるシリーズになっています。

レゴクリエイター

例えば、「緑のオープンカー」という商品は、オープンカーの他に「スピードボート」や「トラック」も作れるんです。

カナ
説明書も3種類入ってるよ!
レゴクリエイター

一度作ったモデルをばらせばまた別のモデルを作れるので楽しさも3倍です。

こちらは「高速ヘリコプター」という商品。水上飛行機ヨットも作れるんです。

ちなみにわが家は「クラシック」シリーズも持っていますが、息子の場合は自由な発想で作る「クラシック」よりも、説明書通りに組み立てる「クリエイター」シリーズの方が好きになりました。

えー坊
少しずつ組み立てて、完成した時が嬉しいんだ!

もし、お子さんに「デュプロ」や「ジュニア」、「クラシック」のシリーズを買ってみて、あまり遊ばないな…と思ったときは、「クリエイター」シリーズが合っているかもしれませんね。

「クリエイター」シリーズは難易度が幅広いので、最初は対象年齢が低めのものがおすすめです。

レゴクリエイターを4歳が作ってみた

細かい部品とイラストのみの説明書で、最初は「できるかな…」と不安でしたが、自分で説明書をみながらてきぱきと組み立てていきます。

レゴクリエイター

あとはタイヤを付けるだけ…!

レゴクリエイター

所要時間30分ほどで完成!

レゴクリエイター

オープンカーの後ろは開けることができます。

レゴクリエイター

なお、見本はハンドルの位置が左側ですが、息子の思い込み?なのか右ハンドルになっています。

えー坊
ぼくの家の車と同じだもんね。

その後、「トラック」も作ってくれました。

レゴクリエイター

オープンカーより、こちらのトラックの方が簡単に作れました。

レゴを作る時に親が手助けしたことは?

今回作ったレゴは対象年齢が6歳~12歳のものなので、私が少し手助けしました。

  • 作り始める前に部品を色分けして置く
  • 途中経過を見てあげる
  • 間違っていたら教えてあげる

という3つのことをしたら、スムーズに作ることができました。

 

また、息子が間違って作っていた時にブロックを外すんですが、これがなかなか固いんです。

そのため、ブロックはずしを持っていると便利です!

まとめ

まとめの画像

1つのセットのブロックから3つのモデルを作れる「レゴ クリエイター」のご紹介でした。

4歳でも説明書を見ながらつくれるので、誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントにいかがでしょうか?

カナ
レゴを完成させる姿を見ると、こどもの成長を実感するよ。

今回作ったのはコチラ>>


スポンサーリンク


スポンサーリンク



スポンサーリンク


アイキャッチ

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

カナ / ブロガー 岐阜の情報ブログ「ぎふイコ!」を運営中。 岐阜市に住んでいるアラサー。 夫と2人の子どもと共に岐阜ライフを満喫中。 グルメ情報は子連れ来店のためランチが中心です。